ちょい投げロッドの改造

6年前まで色々なルアーロッドを試しに使っていました。
スミス
ダイワ
ブリーデン
ウエダ
今はというと凄い進化していてびっくりです。どれも一長一短あり、しっくりくるロッドには中々巡り合いませんでした。なので、元、延べ師の私としましては、3Mのちょい投げロッドが使いやすと感じていました。しかし、穂先がやわいのでルアーの操作が難しいのです。50センチを超えるチヌも獲れるし70センチのシーバスも獲れました。プラグを手に取るように扱いたいので改造が必要だ。元々、延べも先を折って使っていた。穂先をワザと折るのである。TOPガイドは接着剤で固定すればなんとかなるかな?何本か試作してみよう。。

P.S.先ほど、以前使っていたちょい投げロッド3本あり、全部だめでした。(涙)新しいの買わんとね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です