下津井魚島フェス

倉敷市下津井沖で捕れた新鮮な魚介類を安価で販売する「港町下津井魚島フェスティバル」(同フェス振興会主催)が6日、同市大畠の鷲羽山大駐車場で開かれ、早朝から買い物客でにぎわった。
 地元の漁協や住民グループらの約20店が、水揚げされたばかりのタコやタイ、メバルなどを市価より安値で提供。たこ飯やアナゴのかば焼きなど名物料理の販売もあり、家族連れらが次々に買い求めていた。先着500人にアサリ汁の振る舞いもあり、来場者が列をつくった。
 民謡・下津井節や和太鼓演奏などの多彩なステージもイベントを盛り上げた。

コメントは受け付けていません。